みんなのクリぼっちエピソード、大公開「ひとりクリスマス満喫編」

クリぼっち ひとりクリスマス 過ごし方ソロ活・ひとり時間の過ごし方コラム

※本サイトの記事には、サービスや商品のプロモーションが含まれているものがあります。

ひとりでクリスマスを満喫したみんなのエピソード

みんなから寄せられたクリぼっちエピソードの中には、クリスマスをひとりで満喫したお話もたくさんありました。
今回ご紹介するのは「ひとりクリスマス満喫編」。
今年、クリスマスをひとりで過ごす皆さんの参考になるようなエピソード、あるでしょうか?
どうぞご覧ください。

せっかくクリぼっちなんだから、楽しまなきゃ

クリぼっち ひとりクリスマス 過ごし方

まずは、せっかくのひとりクリスマスを全力で楽しんだみんなのエピソード。

初めて1人でクリスマスを過ごす事を決めたのは、好きな事を思いっきりしようと決めたからです。
小さいクリスマスツリーを飾ったり窓にスプレーで絵を描いたりしました。そして、高級ケーキショップで買ったクリスマスケーキ。かなり贅沢な事をしている気分でした。
そして、クリスマスを題材にした映画を朝がくるまでエンドレスで観ました。
自分が生まれる前の名作から、大人気作品までたっぷり堪能しました。
どれだけ笑っても、泣いても気にしなくていいのでとっても楽しかったです。
(ユキエちゃん 30歳のクリスマス)

昼間はケーキを作り1人で買い物をして、映画を観て家に帰り昼寝をして、夕方に車で20分ぐらいの温泉で足湯をしてゆっくりしてから1人カラオケに行き、スッキリしてから夜ごはんのおかずを買って家でステーキを焼き、生ハムサラダと自分で作ったケーキを食べて更に追いデザートのアイスクリームをストーブの前で食べるという、とっても充実した1日を過ごしました。
1人で足湯やカラオケ、映画館に行くということが初めてで緊張したけどできるんだという自信にもなって楽しかったです。
(キリアンさん 23歳のクリスマス)

わたしは一人暮らしで犬を3頭飼っています。
クリスマスは仕事の後に犬用と自分用のケーキを取りに行き、帰宅後に一緒に食べるのが恒例となっています!最近は犬用のクリスマスのコスチュームやご飯も充実しているので、いろいろ買い物するのもとても楽しいです。
ケーキを食べながらインスタ用の写真撮影をしたり、テレビのクリスマス特番を見たり・・
クリスマス期間は玄関にソーラー充電のイルミネーションを飾ってみたのですが、これもなかなか良いです。電源がいらないのでアパートやマンションでも使えるのが気に入りました!
(ナガイサヤさん 20歳頃のクリスマス)

1人だと誰にも気を遣うことなく自由に行動出来るので、1日に色んな事を詰め込むことが出来ます。
都内のイルミネーションや無料イベントをネットで事前に調べ、行動範囲を決めて行けそうなところは片っ端から行きました。
また自分プレゼントに、クーポンを使用してアロマテラピーのリラクゼーションを受けたり、普段行かないようなおひとり様可能なアフタヌーンティーセットが食べられるお店に行ったりしました。
1日の内に色んなところを回るとめちゃくちゃ充実感が満載で満たされます。
人が一緒だと、クーポンや無料サービスの使用や逆に高級店などは誘うのも気が引けてしまうし気疲れしてしまうので、一人行動最高です。
(purasumi3さん 35歳のクリスマス)

ひとり暮らしを始めて初めてのクリスマスでした。
当時彼氏もいなかったので、スーパーでちょっといいチキンとお酒を買って、ひとりクリスマスパーティをしました。
大好きなYouTuberの動画を見ながら、1人で過ごすクリスマスも悪くないな、と感じました。
当時ひとり暮らしでお金もそんなに無かったのですが、この日くらいと贅沢してしまったのを覚えています。
独り身なのにクリスマスはやっぱりウキウキしてしまうものなんだなーと思いました。
(popeye85さん 21歳のクリスマス)

みんな心から、ひとりクリスマスを楽しんでいることが伝わってきます。

おっちゃんの聖地は意外にも。。。

クリぼっち ひとりクリスマス 過ごし方

続いては、おっちゃんのたまり場が意外と魅力的だったという体験談。

仕事が忙しく、クリスマスなんて気にしていなかった30歳。この年のクリスマスの日は、たまたま仕事で桜木町に来ていました。
夕方仕事が終わり駅に向かうと、桜木町という場所柄、さすがにカップルなどの人が多い。
そんななんとなく浮かれた街の気分に飲まれ、ちょっと一杯飲んで帰りたくなったので、桜木町のメインのみなとみらい…とは真逆側、野毛に一人で踏み込んでみました。
意外な事に、この町はクリスマスでもいつも通りの飲み屋の姿で、ちょっとほっとしながら昔ながらの立ち飲み屋に行って、ビールを注文。
それから焼き鳥を数本いただいて…隣にはいつものように疲れたおっちゃん達が肩を並べていて、自分がそこに並んでいることに少しだけ面白く感じてしまいました。
傍から見れば、寂しい女に見えたかもしれませんが、私の中ではちょっと疲れた大人に混ざった自分も、すっかり大人になっているというのがどことなく誇らしく思えるクリスマスで、1人だったのに楽しい思い出になっています。
(花まる202109さん 32歳のクリスマス)

普段は汚いおじさんがワンカップ片手に叫んでいたり、馬券をビリビリに破り捨てて泣いていたりする競馬場。しかしクリスマスになるとそんな日常とは一変して、夜は素敵な競馬場になるのです。
競馬場の木々がクリスマスツリーに大変身。色とりどりのイルミネーションはディズニーランドに来ているかのようです。
夜はレースの予定は無いので馬は居ませんが、ベンチに座ってクリスマスイルミネーションを眺めているだけでとても優雅なクリスマスを過ごしている気分になります。
入場料は無料なのに空いているので穴場スポットでおすすめです。
(Hawk03さん 24歳のクリスマス)

おっちゃんのたまり場も、クリスマスはキラキラしているようです。

クリスマスこそ、旅に出よう

クリぼっち ひとりクリスマス 過ごし方

最後は、クリスマスだからこそ旅に出たというお話。

私は普段からおひとり様が好きで、旅行も一人で行くことが多いです。
結婚も興味がないし、仕事と実家の往復をする日々ですが、高齢の両親を連れて旅行に同行することもよくあります。
私は全国のビジネスホテルに泊まることが好きで、いろんな口コミサイトやYouTubeなどを参考に泊まりに行きます。
ラグジュアリーな高級ホテルではなく、あえてビジネスホテルに泊まるところがポイントです。
もちろん、シャンパンやワイン、ちょっぴり贅沢なデパ地下惣菜を持参し、楽しむことが私の楽しいクリスマスの恒例です!
(けいとこさん 30歳のクリスマス)

学生の頃は友人たちと騒いでいたクリスマスも、25歳を過ぎると仕事が忙しかったり結婚したりと、集まる機会がなくなりました。
私はSEだったこともあり、年末はとても忙しくて終電ぎりぎりで帰る生活。
そんなクリスマスイブの朝、いつも通り電車にのって会社へ向かっていましたが、思い立って最寄り駅で降りずにそのまま電車に乗り続けました。
途中で上司にメール連絡し、有給を申請。
たどりついたのは鎌倉でした。
一人で来たのははじめててしたが、江ノ電に乗り換えて海へ。
のんびりカフェでお茶をした後は風が冷たい海辺を散歩し、気が向くままショッピングを楽しみました。
気づけば夕方、駅前はクリスマスのイルミネーションでキラキラ輝いていて、たくさん歩いたはずなのに、たまっていた疲れがとれていたのです。
本当に来てよかった、そう思いました。
幸せそうなカップルを見て、自分も幸せな気分になれるなんて、クリスマス最高とさえ思えました。
あれから20年、あのクリスマスより楽しかったクリスマスの思い出は今のところありません。
(hinaka9999さん 25歳のクリスマス)

ひとりだからこそ感じられる・味わえるクリスマスの楽しみがあるのだと教えられるアンケート結果になりました。
今年のクリスマスは一人だという皆さん、“クリスマスだからこそ”の楽しみを、今のうちから計画してみてはいかがでしょうか?

みんなのクリぼっちエピソード、大公開「残念編」
どんな人にも平等にやってきてしまうクリスマス。もちろん、ひとりで過ごす人も多いことでしょう。そして、「なんにも気にしない」人から、「ちょっと寂しいかも」な人まで、感じ方も様々でしょう。 そんな悲喜こもごものクリスマス、他の人がどんな風にひとりで過ごしたのか、みんなのクリぼっちエピソードをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました