​コロナ禍で生まれた個室空間「​​​パセラのコワーク秋葉原電気街店」5/1オープン

一人の休日 パセラのコワーク 一人の休日を楽しむトピックス

カラオケで有名なパセラがコワーキングスペースを運営してるって、ご存知でしたか?
以前、新宿の『パセラのコワーク』に行ったことがあるのですが、フリーのコワーキングスペースは温泉施設の休憩所も兼ねていて、なんとも不思議に落ち着く空間でした。

そのパセラのコワークが、​コロナで生まれた「一人になりたい」ニーズに合わせてリニューアル。
これまでカプセルホテルとして利用していた一部エリアを「カプセルリノベーション個室ブース」フロアに改装して展開中です。

リニューアルオープンは​新宿駅南口店、新橋駅前店と続き、​2021年5月1日には秋葉原電気街店をオープンしました。
7か月の間でこのスピードはなかなかだと思います。
すでに7,000人以上が利用しているとか。

「カプセルリノベーション個室ブース」はこんな感じ。

一人の休日 パセラのコワーク

一人の休日 パセラのコワーク

​秋葉原電気街店は、JR秋葉原駅電気街口から徒歩120秒とアクセスしやすい場所。
Wi-Fiはもちろん、モニター、プリンター、WEBカメラ、充電器、マッサージチェア、ドライヤー、ヘアアイロンなどレンタル品も充実しています。

仕事の息抜きに人工温泉やカプセルでの仮眠・宿泊等、カプセルホテルならではのリラックスもたくさん。

ホテルとも違うちょっと不思議な個室空間は、妙に居心地が良さそう。ここなら巣ごもりも秘密基地みたいで楽しそうです。
6月30日までクラウドファンディングも実施中。更なる店舗拡大を目指しています。

パセラのコワーク

クラウドファンディング「コロナ禍で生まれた個室空間。半年で七千人利用のカプセルコワークをより多くの人に」

(写真出典:​パセラのコワークプレスリリース)

タイトルとURLをコピーしました