自分史上最高にSEXYな1枚を撮る!

秘めフォト 一人の休日を楽しむトピックス

「秘めフォト」なるサービスがあること、ご存知でしょうか?

こちら、カフェと一体になったお店で『元彼が好きだったバターチキンカレー』を提供するなど、ユニークな取り組みをいろいろしている『天狼院書店』が定期的に開催している撮影会。

そのコンセプトは、「自分の 自分による ​自分のためのSEXY」。
自分史上最高にSEXYな1枚を撮る、女性限定のまったく新しいフォトサービスです。

秘めフォト

芸能系の仕事でもしない限り、セクシーな自分の姿をプロカメラマンに撮ってもらうなんていうことはなかなか無いもの。
それがこのサービスでは、実現できてしまいます。

「ほんとに撮影する人なんているの?」
と、思いましたよね?

それが毎回人気で、10名ほどの定員がちゃんと埋まるのです。
それも、参加者の70%がモデル経験など無く、19歳から64歳までの幅広い年齢の方が参加。しかもリピート率86%。これまでに1,700名以上が参加しているという人気企画なのです。

みんながなぜそんなに、セクシーな自分の姿を撮りたいと思うのか?
寄せられる感想から探ってみると。。。

「もう、昨日が楽しすぎて興奮して眠れず、そのまま仕事に行ったんですが、なぜかいつもより仕事がはかどりました」

「前回参加のときに、もっと綺麗に写りたいと思って、今回は3Kg絞ってきました」

「これって、セラピーなんですね。とても、気が楽になりました。自分に自信が持てるというか」

「気になっていた人と付き合うことになりました」

「彼氏ができました」

「結婚することになりました」

なのだそうです。

カメラマンを務める秘めフォト専任フォトグラファーの三浦 崇典さんによると、

初参加の方も多いので、はじめは緊張している方がほとんどです。でも、いざ、用意されている衣装に着替えて他の参加者の女性の方々と一緒に撮られていくうちに、何かスイッチが入るのでしょう。
皆様の表情が活き活きと輝いていきます。

最初は撮られ慣れない方も、最後のほうには立派なモデルになっています。自信に満ちた、晴れやかな表情になっていきます。
そのころになると、撮られた写真には気品ある「SEXY」な色が乗ってきます。
本来の自分に目覚めると言ってもいいかもしれません。

「私じゃないみたい・・・・・・」

カメラマンの僕への最大の褒め言葉が、無意識に自然と口からこぼれるようになります。
最後は、晴れやかな、ちょっと高揚した面持ちで、皆様スタジオを後にされます。

「一皮むける」という言葉がありますが、撮影を通じて何か自分の中で弾けるものがあったり、自信を取り戻すスイッチが入ったりと、気持ちに大きな変化をもたらすのだと思います。

「何かを変えたい!」
というあなたには、いいきっかけとなる撮影会になるのではないでしょうか?思い切って一肌脱いでみる?

秘めフォト ホームページ

タイトルとURLをコピーしました