お気に入りの一人用鍋を選んで、冬のおうちごはんをあったかく

一人用鍋 おすすめ 一人用商品・サービス

※本サイトの記事には、サービスや商品のプロモーションが含まれているものがあります。

一人暮らしにぴったりなおすすめ一人用鍋をご紹介

寒い季節になると、簡単に作れて暖まれる鍋が食べたくなりますよね。
大勢で囲む鍋もよいですが、冷蔵庫の余った材料でスピーディに調理できる一人鍋も、なかなかおつなものです。
鍋はコスパも高く、栄養もしっかり摂れるので、一人暮らしにはぴったりの料理です。
冬を目前に一人用の鍋を選ぶ際のチェックポイントと、おすすめの一人用鍋を紹介します。

一人用鍋を選ぶポイント

一人用鍋 おすすめ

一人用鍋は大きいサイズの鍋に比べて、火の通りも早く、時短に最適なアイテムです。
自分の使い方や好みに合った鍋がひとつあれば、手軽にバラエティに富んだ時短料理が楽しめます。

ですが鍋と一口に言っても、それぞれ適した用途があります。
まずは自分がどのような用途で、どこで使うつもりなのか、調理方法や使い方に合った鍋を選ぶことが大切です。

サイズをチェックする

一般的に一人用鍋のサイズとしておすすめなのが5~6号で、直径が15~18cm程度の鍋です。
収納の場所も取らず、さまざまな料理で手軽に使えるサイズ感です。

形状が片手鍋か両手鍋かでも、使いやすさや作れる料理の種類は変わってきます。
作りたい料理に合わせて、鍋の深さや容量もチェックしておきましょう。
多めに料理を作りたい方や、日頃から自炊して作り置きしておきたい方などは、1サイズ大きめの鍋がおすすめです。

対応している熱源をチェックする

鍋を購入する際には自宅の熱源を事前にチェックして、対応している鍋を選びましょう。

一人用鍋には熱源が限られているタイプもあり、熱源に合わないとせっかく購入しても使用できません。
ガスコンロとIH、どちらにも対応している鍋も多くなっていますが、中にはガス火専用やIH非対応のものもあるので、注意が必要です。
IHで料理してり、卓上コンロを使いたい場合などは、幅広い熱源に対応する鍋を選びましょう。

鍋の素材をチェックする

鍋にはさまざまな素材があり、それぞれ特徴が異なるため、作る料理や調理の仕方などによって、ぴったりの素材を選ぶのがポイントです。

陶器でできている土鍋は、遠赤外線効果で芯までしっかり加熱して、ムラなく均等に食材に熱を伝え、素材本来の旨味を引き出せる鍋です。
金属製の鍋と比べて保温性に優れているため、火を消しても冷めにくく、余熱だけで素材に熱を通すことも可能です。
また煮始めにゆっくり低温で加熱されることで、具材の荷崩れを防止してくれます。

土鍋は蒸し料理や煮込み料理をする時に最適です。

ホーロー

金属製の鍋をガラスでコーティングしているのがホーロー鍋。熱伝導率が高いため食材を素早く調理できるのが魅力です。
耐熱性が高く保温性に優れており、料理が冷めにくい特徴があります。
表面がガラス質で覆われているためニオイや汚れがつきにくく、焦げつきにくいので、お手入れしやすいのもメリットです。

ホーロー鍋は、炒めてから煮込む料理や無水料理に適しています。

アルミ

アルミ鍋は熱伝導率が高く、素早く調理できるのが魅力です。
軽くてさびにくく、扱いやすいため、普段使いに適した鍋です。
短時間で食材を温められるので温度調整もしやすく、一度にたくさん作る料理などに向いています。

ただ熱伝導率の高さから焦げつきやすいものもあるため、内部を焦げつき防止のコーティングが施されたタイプを選ぶと、より快適に使用できます。

ステンレス

ステンレスとは英語で「stainless」のことを指し、「汚れない」「さびない」という意味です。
ステンレス製の鍋は金属製でありながら名前の通りさびにくく、丈夫で耐久性に優れており、一生ものとして使える鍋です。
保温性がよく冷めにくい特徴があり、鍋料理や煮込み料理など、長時間の調理に適しています。
汚れがついても取りやすく、お手入れがしやすいのも嬉しいポイントです。

機能をチェックする

一人用鍋には便利な機能がついているものもあるので、ぜひ機能性もチェックしておきましょう。
IHやガスコンロ以外でも熱源を気にせず気軽に調理できる鍋や、温め直しも簡単な電子レンジやオーブン対応の鍋、コンセントがある場所で使えて保温機能のある電気鍋などがあります。

ほかにも、鍋蓋のつまみに菜箸やヘラが置けるものや、鍋蓋をそのまま器として利用できる便利なアイテムも。
また鍋を用途別に使い分けるのが面倒な人には、沸かす、煮る、炒める、揚げるなど、さまざまな調理方法で多用途に使える鍋がおすすめです。

一人用鍋おすすめ5選

一人用鍋のバリエーションは年々広がっていますが、その中でもおすすめの商品を5つご紹介します。

菊花 土鍋(6号鍋)

一人用鍋 おすすめ 菊花 土鍋

テーブルに置いても様になる、デザイン性の高い土鍋です。
土鍋の特長である蓄熱性はありながら軽量化に成功しています。

黒色の胴部分にはニオイや汚れのトラブルを防ぐオリジナルの釉薬を使用しており、鍋料理はもちろん、スープカレーやチーズフォンデュなどさまざまな料理が楽しめて便利です。

幅×奥行×高さ 20.5×18.5×10cm
容量 0.85L
素材 陶器
対応熱源 ガス、IH、電子レンジ、ラジエントヒーター

菊花 土鍋 瑠璃釉を詳しく見る

ちょい鍋(5号鍋)

一人用鍋 おすすめ ちょい鍋

1人鍋にちょうどよい、直径16cmの小ぶりサイズの鍋です。
アルミ製なので土鍋よりも軽く、内側はフッ素樹脂加工されていてこびりつきにくいのが特徴。フライパンと同じ感覚で扱え、お手入れも簡単です。
蓋のツマミ部分にはくぼみがあり、菜箸やお玉をちょい置きできて便利。

幅×奥行×高さ 26×20×10.8cm
容量 1.4l
素材 アルミニウム合金
対応熱源 ガス、IH

ちょい鍋を詳しく見る

和ごころ懐石 陶器製陶板焼

一人用鍋 おすすめ 和ごころ懐石 陶器製陶板焼

陶器ならではの味わいと温かみのある風合いで、料理のおいしさが引き立つ1人用サイズの陶板焼です。
固形燃料はもちろん、オーブンや電子レンジでも使用可能。
すき焼きなどに使えば、家庭で本格的な雰囲気を楽しめます。

幅×奥行×高さ 22×20×8cm
容量
素材 陶器
対応熱源 オーブン、電子レンジ

和ごころ懐石 陶器製陶板焼を詳しく見る

POCHKA キャセロール

一人用鍋 おすすめ POCHKA キャセロール

見た目のかわいらしで欲しくなる一人用鍋。
ロシア語でつぼみという意味を持ち、温かい気持ちにさせてくれるポッテリしたかわいい形が魅力の鍋です。
オールホワイトに、天然木のつまみがアクセントになっています。
カレーやシチュー、煮込み料理などのメイン料理にも対応できる便利なサイズです。

幅×奥行×高さ 21.1×15.6×13cm
容量 1100ml
素材 ホーロー
対応熱源 ガス、IH

POCHKA キャセロールを詳しく見る

ベジート・カーム IH対応卓上鍋

一人用鍋 おすすめ ベジート・カーム IH対応卓上鍋

ガスコンロ・IHクッキングヒーター・ハロゲンヒーター・オーブンなどさまざまな熱源に対応した使い勝手のいい一人用鍋です。
軽くて扱いやすいアルミダイカスト製。
内外面にセラミック加工が施されているので、キズがつきにくく汚れは落としやすい、お手入れらくらくです。
野菜の栄養がたっぷり摂れるレシピ付きです。

幅×奥行×高さ 26×21.5×12.5cm
容量 2000ml
素材 アルミニウム合金
対応熱源 IH、ガス、オーブン、ハロゲンヒーター、ラジエントヒーター、エンクロヒーター、シーズヒーター

ベジート・カーム IH対応卓上鍋を詳しく見る

お気に入りの一人用鍋を見つけて、冬のおうちごはんを満喫しよう

おすすめの一人用鍋のラインナップはいかかでしたか?
今回ご紹介した鍋を選ぶポイントやおすすめの一人用鍋をぜひ参考にして、自分にぴったりの鍋で、冬のまったりしたくつろぎ時間を満喫してくださいね。

※商品内容・価格などが変更となっている場合がありますので、詳しくは公式情報をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました