みんなは何してる?何を気にしてる?いくら使ってる?みんなのソロ活実態レポート

みんなのソロ活ソロ活・ひとり時間の過ごし方コラム

※本サイトの記事には、サービスや商品のプロモーションが含まれているものがあります。

私たち、こんな風にソロ活楽しんでいます

皆さんのソロ活実態を知るために【ソロドキ】では先日、アンケートを行わせていただきました。
質問数は結構あったのですが、皆さんとても丁寧にご回答をいただき、感謝です。

今回はご回答いただいたアンケート内容を元に、皆さんのソロ活の実態をご紹介していきたいと思います。
ソロ活をしたことがない人も、すでに楽しんでいる人も、参考になる点があるはず。

みんなはなぜ、ソロ活を始めたの?

仕事 愚痴 相談 話し相手 ココナラ 電話相談

まずはなぜ、ソロ活を始めることになったのかをお聞きしました。
皆さんの回答を見ると、ソロ活をはじめたきっかけには3つのパターンがありそうです。

何かから逃げたかった

まずは、悩みや迷いがあって、それを忘れるために非日常を味わいたかったという理由からソロ活を始めたというパターン。

「はっきりと覚えている中で初めてしたソロ活は、湘南の海へ思い付きで電車に揺られて小旅行をしたことでした。当時新卒時代で仕事がつらく、何も考えない時間が欲しいと思い、その日に決めて行きました。
冬の風が冷たく強い時期に行ってしまい、とても寒い思いをしましたが、道中にあったお洒落なコーヒーショップに立ち寄りながら、シーズンオフの夕暮れ、誰もいない砂浜にある岩に腰掛けながら、波の音に耳を澄ませながら景色を独り占めした記憶が忘れられません。
澄んだきれいな夕暮れの海を見て、寒かったですが心も体もリフレッシュすることができました。」

「ミュージカル『王家の紋章』を梅田芸術劇場メインホールにて観劇しました。
隣に友人や知人が座っていないからこそより一層ミュージカルの作品の世界観に没頭できるような気がしました。
当時は学生で勉強やアルバイトの事などたくさんのことで頭を悩ませていたので、ミュージカルを観劇して非日常感を味わえるということをその時に初めて実感しました。」

環境のせいでソロ活するようになった

次は、たまたまひとりで行動することになり、その流れでソロ活デビューしたというパターン。

「10年ほど前にひとり国内旅行をしました。
大学4年生の時に就活中だったため、旅行に行きたかったのに、友人とタイミングがあわなかったためです。
また、一人で行動できるようになれば、行動の幅が広がるな、と以前から考えていたためでもあります。
いざひとり国内旅行をしてみると、周りの視線も気にならないし、気の赴くまま行動ができ、すごくすっきりしたのを覚えています。」

「それまでも一人でどこかに行くことはありましたが、初めて最初から最後まで一人で遠出したのは3年前ごろに行った北海道旅行です。一人で観光名所を回り、お笑いのライブを見て、一人で居酒屋に入り、翌日朝市場に行き朝食を食べ、雪印パーラーでパフェを食べ、かなり満喫しました。きっかけとしてはコロナの影響もあり、旅行代金が格安だったことに加え、知人友人に遠出を拒まれたことです。一人でここまでの遠出をすることはなかったため不安もありましたが、自分のペースで気楽に動けたのでかなり楽しかったです。」

何かを手に入れたのでソロ活をはじめた

何かモノを手に入れたことがきっかけで、ソロ活を始めた皆さんもいました。

「5年前に、カメラを購入してソロ活を始めました。1人でいろいろなところにドライブに行って風景を撮るのが好きです。きっかけは素敵な風景を撮ってる方の写真を見て撮りたいと思ったのがきっかけです。カメラをしているととても楽しいです。」

「10年ほど前、一人でスタバに入りコーヒーを飲みながら読書をしました。きっかけは初めて車を買ったことです。ドライブに出かけまだ運転の慣らしで走って休憩をと思い、スタバに入りました。元々1人で外食することもできない私は、入るときは緊張して人目が気になり、周りをきょろきょろしましたが、周りも大人のお仕事をしている方や、同じく1人でコーヒーをぼーっと飲む方が多く、無性にほっと落ち着いた自分がいました。無になるってこういうことかなと思いました。」

自発的かどうかは別にして、はじめてソロ活をしてみたことで世界が広かったり自分に自信が持てたりして、そのままソロ活沼へと足を踏み入れたことが伺えます。

ひとりカラオケのリピーター多数

みんなのソロ活

「普段楽しんでいる(リピートしている)ソロ活は何ですか?」と聞いたところ、一番多かったのはひとりカラオケでした。
人目を気にせず手軽にひとりになれて、ストレス発散もできるしコスパもいい。。。たしかにひとりカラオケの魅力ってたくさんありますよね。

「ひとりカラオケはもともと歌うのが大好きな事もあり、フリータイムで安い平日の日中を狙って6時間ほど、休みもいれずにぶっ続けで歌い通したことがあります!コスパもよくリフレッシュがしやすいので、リピートを続けています。」

「音痴であまり人に聞かせられないけど歌うこと自体は大好き、しかもちゃんと盛り上げられるかなんて気にしないでもOK!誰にも気兼ねせずに好きな曲を入れまくり、好きなアーティストのMVを鑑賞し、毎回フリータイム丸々使い切るくらいにはのめりこみます。」

また、ひとりショッピングが好きだという人も多くいました。

「子供の世話などで家族と一緒だと必要最低限のものしか買い物しか出来ないので、一人でブラブラと誰のことも気にせずに買い物が出来るから。」

「ひとりショッピング。人のペースを気にせず、好きなものをじっくり見ることができるから」

ちょっと意外だったのは、ひとり居酒屋を楽しんでいる人が多かったこと。
飲食店の中でも、ひとりで入るのに勇気がいるように思う居酒屋ですが、そんなこともないようです。

「ひとり居酒屋は昨年デビューしました。「鳥貴族」がお気に入りでよく通っています。こちらも、どれだけおなか一杯食べても飲んでも平均で3,000円程しかしないのでとてもコスパよく、満足度高く帰ることができて幸せです。」

「ぼーっとしながら1人で食事をして、誰にも気を使わずに好きなペースで飲めるので、一番手軽なストレス解消方法になっているから。一人だと店員や知らない客とも会話ができ人脈作りにも役立っているから。」

そのほかにも、皆さんいろいろなソロ活を楽しんでいるご様子でした。

「ひとり映画によく行きます。
自分の見たいときに自分の見たい映画を見れるからです。
映画を見終わった後、同行者と感想を言い合う時間よりも、一人で考察をしたり、パンフレットを見返す時間が好きなので。
好きな座席も選びやすいですし、席の確保もしやすいです。」

「カフェめぐりと動物園です。カフェは休みたいときに入り、ほっと気持ちを落ち着かせます。時間を忘れて時間に追われることのないような時間を作ります。動物園は、何より動物に癒されるので見に行って、写真を撮ったりぼーっと見て一生懸命生きているんだなと感じると活力をもらいます。」

「ケーキ屋やパン屋めぐり。
精神的に疲れてしまった時など自分へのご褒美として好物の甘いものを食べてリフレッシュしています。それぞれのお店で同じ種類のケーキやパンでも味が違うのでそれを比べて1番好きなものを楽しみながら探しています。」

「ひとりドライブです。いろいろなところに行けて楽しいし新しい発見もあるし、好きなところに寄れるから。」

「ひとりライブ。本当は仲の良い友達と行きたいけれども、ライブのチケットは高いので、誘うことによって友達が行きたくなかったときに断りづらいだろうと考え、結局ひとりでライブに行っている。もともと、ひとりは好きなので寂しくはないし、ひとりでも十分楽しめている。」

「ひとりディズニー。こころゆくまで推しを追いかけられるから」

「USJは年間パスを所持しており、自分の気分とタイミングで入園することが出来るため。自分のペースで乗りたいアトラクションに乗ることが出来るため。」

「国内外ひとり旅行のリピート率が高いです。
目的地での一人行動はもちろん、目的地までの移動時間、新幹線や飛行機など乗り物に乗るも好きでなので、トータルで満足度が高いです。また、目的地までの交通手段の手配や宿探しも、自由に想像を膨らましながら準備ができるので好きです。細かく決めすぎず、その時の気分で好きにするというのが、マイルールです。」

「これはムリかも」と思うソロ活は?

ひとりディズニー

反対に「これはムリかもと思うソロ活」についても聞いてみたところ、ダントツはディズニーランドやUSJのようなテーマパークでした。
ひとりディズニーやひとりUSJを楽しんでいる人がいる一方、抵抗のある人も多いようです。

「ジェットコースターなどのアトラクションに乗った時隣に全く知らない人に乗られるのが嫌なので、1人では行くことが出来ません。
また、アトラクションの待ち時間なども長時間になることが多いので、1人で並んでいるとしゃべり相手もおらず時間が潰せず苦痛に感じそうだから。
他にもキャラクターとのコラボフードなどがあれば色んなものを少しづつ食べてみたいと思うので、人数が居た方がたくさん食べれるからです。」

「ひとりディズニーランドです。
ショーやアトラクションの待ち時間が退屈そうでできません。
また、並んでいる最中にお手洗いに行きたくなったら、交代で待ってくれる方がいないのでそこも心配なポイントです。
相乗りになってしまったときに、周囲の人に気を使わせるのも嫌です。」

次に多かったのはソロキャンプでした。
ブームになって楽しむ人が増えた半面、安全面が気になる人も多いようです。

「基本的に周りの目を気にするタイプではないのでないです。
強いて言えば、山登りやグランピングではないキャンプはひとりでしたくないです。理由としては、何かあったときに助けを求められない可能性があるためです。」

「ひとりキャンプ。準備片付けが大変でだれかと同時進行で作業しないと終わらなそうだから。一人でできることに限界がありそうだから。」

意外と多かったのは、ひとり焼き肉。
「ひとり焼き肉」という言葉、かなり一般化しているように思えたのですが、抵抗感のある人も少なくないようです。

「ひとり焼肉です。周りが家族や友達と楽しそうな中1人で肉を焼くのはまだ抵抗があります。」

「焼肉やバーベキューは一人だと目立ってしまいそうで、少し人目が気になる。
一人焼肉屋等出てきてはいるので、食べたいときにはそういったものは利用してみたいと思う。」

その他、「これはひとりではムリ」というご意見もご紹介します。

「ひとりアフタヌーンティーです。基本的にどこのカフェやホテルでも、2名で1セットのイメージが強いことと、基本的に2人連れが多く、1人では豪華なアフタヌーンティーが浮いて見えてしまうことが予想されるためです。勇気が出ません…。」

「お祭りに1人で行くこと。にぎやかな場所ほど虚しさを感じてしまったり楽しさを共有する誰かがいないと疎外感孤独感を感じてしまうためです。」

「ひとり海外旅行。語学力がなく、現在今以上の語学力を学ぶ予定もないので、
一人で海外にいくのは絶対に無理だと思っている。安全面も考えて、海外は家族や友人と行きたい。」

ソロ活で気にすることはなに?

みんなのソロ活

皆さんがソロ活をするときに気になるのは何なのか?
一番多かったのは費用でした。

「一番はお金です。ドライブが好きで交通費がかかるので、行きたい場所は事前にしっかり決めるようにしています。」

「トータルの時間と費用ですね。
ただ、自身の「それでも行ってみたい!!」が勝てば、強行突破しますが。笑
基本的には、自身へのご褒美時間と思っているのでその対価として見合っているかを考えて決めることが多いです。」

次は、行く場所の客層や込み具合。

「カップルや友達同士で来店することが多いお店は行きづらいので、事前にどういった客層が
利用しているのかは調べたりする。
知り合いと会うと気まずいため、知り合いがこなさそうな店を選ぶこともある。
治安など、安全面は大丈夫かなども気にすることが多い。」

「リラックスできないような人が多い場所には行かないようにします。」

これらを知るために口コミを読んだり、インスタグラムやグーグルで情報収集する人が多いようです。
せっかくのソロ活なのに、居心地の悪いところはイヤですよね。

ほかには、
・所要時間
・アクセスのしやすさ
・安全面
といったご意見がありました。

逆に「特に気にすることは無い」という強心臓の持ち主もそこそこいらっしゃいました。
こうなると強いですね(笑)

みんなはソロ活に、どのくらいお金を使ってる?

みんなのソロ活

皆さんは1か月に、ソロ活にどのくらいのお金を使っているのか?
これは結婚している・していないや、何のソロ活をしているかによって大きく変わるので一概には言えませんが、傾向としては「5,000円程度」「10,000円程度」「30,000円程度」と回答した人が多かったです。

中には10万越えという人も。
ひとり旅などすれば、そうなるのも納得です(ちょっと羨ましい。。。)

ソロ活で残念だったエピソード

みんなのソロ活

せっかく楽しいソロ活なのに、残念だったエピソードも教えていただきました。

「夜にひとり焼肉をしたことがあったのですが、両隣の掘りごたつ席がノリのいい男女の数人組のグループだったので、私が間にやってきたとたんにジロジロ見られてしまい、明らかに会話のトーンが下がっていたことが未だにトラウマです。特に何かを面と向かって言われたわけではありませんでしたが、刺さる視線があまりに痛すぎて、放っておいてほしい気持ちになりました。」

「一人でごはんを食べている際、知り合いが入店してきて身を隠すのに気を遣った。
のんびり時間を過ごしたかったのと、一人で過ごしていると思われると少し恥ずかしかったので挨拶等はせず、身を隠すようにして早めに退店した。
結局気を遣ってしまい、のんびり過ごすことは出来なかったので失敗だったなと感じた。」

「ひとりカラオケで機械の調子が悪く、店員さんを呼んで直してくれるのをじっと待っていた時間が気まずかったです。
早くなおるか別の部屋を案内してくれないかなと思っていました。」

「一人旅行の際の電車移動で、少し苦手なタイプの方が隣に座った時です。
せっかくの一人時間なのに落ち着かなくなります。
こればかりは、いくら指定席をとっていたとしても隣の席も買わないと回避できないので仕方ないのですが乗車時間が長い程、残念な気持ちになることが残念です。
他は、ライプなどでペアチケットのみだった場合。一人でしっぽり行きたかった場合は残念というより本気で困ります。」

「特に海外旅行の場合に残念だなと思うことがあります。
ホテル代が人数ではなく部屋数単位でかかるので、一人ですとどうしても割高に感じます。
また、食事一皿のボリュームが多いと、いろいろなメニューを試すことができないので、シェアする人がいたら良いなと思うことがあります。」

「並んでいた順番待ちをいないと思われて飛ばされていた。自分の存在感が薄いのかとショックでした。」

今後やってみたいソロ活は?

みんなのソロ活

今後やってみたいソロ活についても聞いてみました。一番多かったのは旅行でした。
やはり旅は憧れを誘いますよね。

アウトドアではソロキャンプや登山、アクティビティではカラオケやボウリング、サウナ、食事では焼き肉やラーメンといったものが、羨望(?)を集めるようでした。

その他クルーズ船で世界一周、パラグライダーなど挑戦心を刺激するソロ活をやってみたいという人もいらっしゃいました。

あなたにとって、ソロ活の魅力とは?

みんなのソロ活

最後に、ソロ活の魅力やメリットについて回答をいただきました。

多かったのは、とにかく自分のペースで過ごせるのが最高!というご意見。

「人に合わせることなく、自分のペースで好きなもの、好きなことを好きなだけ楽しむことができるからです。限度はありますが、自身が許す限りの贅沢ができることに喜びを感じます。日々、仕事など制約のある仕事でストレスをためている分、余暇の時間ですべてを解放できることがとても気持ちよく、最高です。」

「ソロ活は誰かに気を使うこともなく嫌になればやめればいいし、好きなことをして自分のわがままをきく時間として大切にしています。初めは抵抗がありましたがソロ活することに慣れてしまえば、何よりも充実した時間だと思えます。」

ソロ活=ストレス発散という人も多数。

「誰にも気を使わず、自分のペースで自分の行きたいところ、食べたい物を食べられるので気が楽。人と予定を合わせなくても、行きたいと思った自分のタイミングで動くことができるのも大きなメリット。
また一人でいることで対人関係のストレスから開放されるので、ストレス発散になる。」

「ストレス解消になるのが1番のメリット。また、ひとり時間があることで、自分の気持ちに余裕ができる。」

ソロ活は、自分を見つめなおす貴重な時間だという人も。

「一人の時間を満喫し、思うままに行動できることが最大のメリットだと思います。
仕事と違い、あれをしなければいけない、これはしてはダメと制約がなくなるので、
自分で選択して決めてる感を味わえるからだと思います。
また、一人での時間は、私にとって過去や日常の出来事の振り返り、将来のことを静かに考える時間でもあり、より自分自身の五感を繊細に働かせることができるのもメリットだと感じています。」

「とにかく一人でぼーっとすることが出来るし、その間にやらなければならないことを思い出したり、自分がやりたいこと、欲しい物など頭の中を整理することが出来ます。
日々子供から目を離すことが出来ず、子供の安全を考えて行動しているので外出は疲れるのですが、一人だと何もかもがスムーズだし、とてもリフレッシュになります。」

「小さなRe startになるからです。
一人で過ごすことで、日常から頭が離れベターですが「明日からまた頑張ろう!」と新たな気持ちに切り替わることかと思います。もちろん家族や友人と出かけてもリフレッシュになることはあるのですが、やはり一人時間とは異なります。
誰かとではなく、自身と会話しながら過ごす時間で得られる効果なのではないかと思っています。」

ソロ活は、人にやさしくなれる効果もありそうです。

「ソロ活をした後に、人に、家族に優しくできるからです。母親業から脱して誰からも求められない状況を作ることで、冷静になり、頭を整理する時間を作れるため、心身に余裕ができます。やはり育児には余裕が必須です。親の心身に余裕があれば、こどもにも伝わり、こどもにも余裕ができて全員WIN-WINです。」

自分らしいソロ活で、毎日を楽しく

一言で「ソロ活」と言っても、その内容は様々で幅広く、皆さん思い思いに楽しんでいる様子がわかる回答をたくさんいただきました。

また、ソロ活は自分の新しい扉を開き、自分らしさを取り戻せるものだということが、今回のアンケートでよくわかりました。

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
そして、よきソロ活を!

「ソロ活について実はよくわかっていない」
「他にどんなソロ活があるのか知りたい」
そんなあなたは、ぜひこちらの記事も読んでみてください。ソロ活とは?ひとり時間を充実させるソロ活35選と参考サイト5つをご紹介
ソロ活の説明から、どんな気分になりたいときにどんなソロ活がぴったりなのか、難易度別のソロ活リスト、ソロ活のための情報収集にオススメのサイトまで、ギュッと凝縮して解説しています!
ぜひ参考にしてみてくださいね◎
タイトルとURLをコピーしました